1. TOP>
  2. オーナーの声>
  3. 施工事例のご紹介>
  4. 熊本県 F様邸

熊本県 F様邸(27才)
必要以上にお金をかけることなく、ホテルのような上質な空間に!

家族構成 ご主人、奥様、お子様2人

家づくりのテーマは“オトクに高級感”。必要以上にお金はかけないけれど、床の色やお風呂の壁をアレンジすることで、ホテルのような上質な空間に仕上がり大満足!パソコン用のデスクやクローゼットなど生活に必要な機能を集約したリビングも、友人たちから好評です。

すべての機能を集約したリビング

  • 外観は年月が経っても古いイメージにならないようモノトーンでシンプルな配色に。屋根の上には環境や節電も考えて太陽光発電を設置しました。
  • 自転車置き場を確保したかったので、玄関に専用スペースをつくりました。収納もたっぷりです。
  • 生活の中心となるリビングだからこそ、パソコン作業ができるデスクやクローゼットなど必要な機能をすべてまとめました。特に上着や保育園のバッグが収納できるクローゼットは、友人からの評判も上々。リビングでのんびり過ごすことが多くなりました。
  • 自転車の専用スペースを確保した玄関
    自転車の専用スペースを確保した玄関
  • 高級感のある落ち着いた雰囲気のリビング
    高級感のある落ち着いた雰囲気のリビング

ホテルのような上質な空間に

  • 妻が気に入って選んだアイランドキッチン。収納をたっぷり作ったため、普段から整理整頓がしやすく、料理もはかどっているようです。
  • 床は新しいモデルハウスで使用されていた、濃いブラウンのものを選びました。子供がいるため床材は比較的メンテナンスが容易なものに。
  • 濃いブラウンの壁をセレクトすることで、高級感のある浴室に仕上がりました。
  • リビングともマッチする、ブラウンを基調としたアイランドキッチン
    リビングともマッチする、ブラウンを基調とした
    アイランドキッチン
  • 広々した洗面所には明るい光が差し込む|リゾートホテルを思わせる高級感のある浴室
    広々した洗面所には明るい光が差し込む
    リゾートホテルを思わせる高級感のある浴室

暮らしにゆとりが生まれました

  • 1Fと2Fそれぞれにあるトイレは、遊び心で色や形を変えました。1Fのトイレは階段下の空間でしたが、タンクレスの便器を選んだおかげで狭さを感じません。
  • 2Fには子供たちが大きくなった時のために子供部屋を2部屋つくりました。将来、子供たちがどのように部屋を使ってくれるか楽しみです。
  • ピンクでまとめた1Fトイレ|ブルーを基調とした2Fトイレ
    ピンクでまとめた1Fトイレ
    ブルーを基調とした2Fトイレ
  • 将来は子供部屋として使用する2Fの部屋
    将来は子供部屋として使用する2Fの部屋