1. TOP>
  2. タマホームの家>
  3. ラインナップ>
  4. 和美彩
和美彩

伝統を受け継ぐ新たな住まい

古来より日本人は、自然や四季を身近に感じ、その土地の風景やまわりの人との調和を重んじて生きてきました。
わたしたちタマホームは、長年培われてきた「和」の精神を受け継ぎ、日本人の心にしっくりと馴染む、四季や自然と溶け合う住まいをめざしました。
それは、ただ歴史的な様式を再現したものではなく、現代のライフスタイルに合わせて美しく暮らすことができる、彩りにあふれた住まい。
タマホームは、日本の家には日本の気候風土で生まれ育った木こそふさわしいという考えのもと、構造躯体部分に国産木材を100%使用。日本の木ならではのぬくもり、香り、強さ、懐かしさを大切にした住まいづくりで、心やすらぐ暮らしをご提案します。

GOOD DESIGN AWARD

国産木材を100%使用。

「和美彩」の家は、構造躯体における国産木材使用率が、1棟あたり100%となります。また、フロア・階段・リビングの天井にも国産ひのき無垢材を採用。高級感のある室内空間も演出しています。国産材の積極的な使用については、高品質の国産材の安定供給と林業活性化を促す“森林保全”流通システム「タマストラクチャー」で2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

※構造躯体における国産木材使用率が、1棟あたり100%。

開放感あふれる2間続きの和室。仕切り上部に設けられた気品漂う空間は、襖を閉めた状態でも光と風を通します。さらに床の間を設けることで、より格式高い空間を演出します。
開放的なLDKは天然木を使用したフロアや建具で仕上げました。また空間の仕切りを曖昧にする美しい縦ラインの格子が和の雰囲気をプラスします。
玄関の引戸を開けると、広々としたホールがお客さまを迎えます。落ち着いた色調のタイルや壁のない開放的な階段が、上品なおもてなしの空間を演出します。
内と外をゆるやかにつなぐ三和土(たたき)。古くは土や石灰、苦汁(にがり)の三種類を混ぜ合わせて叩き固めていましたが、「和美彩」ではその風合いを活かしながら現代風にアレンジしました。

家族に合わせてつくる間取り

家にあった暮らしではなく、暮らしに合った家をつくる。
そこにはきっと、予め決められた間取りでは得られない満足感や心地よさがあるはずです。
お客様の家族構成やライフスタイルなどのヒアリングをおこない、周辺の住環境や敷地調査の結果を踏まえて、
お客様に最適なプランを作成・ご提案いたします。

自由設計プラン例1

和のやすらぎを満喫できる、ゆとりある住まい。

施工面積:72.17坪(238.60m²)の場合

・1F床面積105.00m² (31.76坪)
・2F床面積85.00m² (25.71坪)
・延床面積190.00m² (57.47坪)
・建築138.00m² (41.74坪)

自由設計プラン例2

家族との和を育む、一体感のある住まい。

施工面積:64.43坪(213.00m²)の場合

・1F床面積118.00m²(35.69坪)
・2F床面積66.00m²(19.96坪)
・延床面積184.00m²(55.66坪)
・建築面積134.00m²(40.53坪)

「和美彩」優れた3つのポイント

1

ずっと続く安心「長期優良住宅対応」

何十年と住み継がれていくために、基礎や構造などの強さにこだわって耐震性・耐久性に優れた家を実現。様々な優遇が受けられる「長期優良住宅認定基準」に標準仕様で対応しています。更に長期優良住宅対応(※)なら「最長で60年の保証」にも対応可能で、ずっと先を見すえた安心の家づくりを実現します。

※長期優良住宅対応に関して:「長期優良住宅建築等計画」を作成し、申請後、認定されてからの着工となります。長期優良住宅の申請にあたっては別途申請費用が必要となります。プラン及び諸条件によっては対応できない場合があります。(住宅性能表示制度の耐震等級【等級2】以上、断熱等性能等級【等級4】の設計が必要となります)。

2

夢をかなえる「自由設計・注文住宅」

「和美彩」はご家族のご要望をかなえる自由設計。今まで培ってきた豊富な実績とノウハウをベースに、専任の営業担当者がお客様の敷地やご予算、家族構成などを総合的に検証して最適なプランをご提案します。ぜひ、わたしたちに理想の家のイメージをお聞かせください。

3

構造性能にこだわった、受け継がれる家。

20年、30年と時が経っても安心して暮らし続けるために、しっかりとした構造性能を重視。
日本の風土に合う木造軸組在来工法を採用し、地盤調査からベタ基礎、頑強な柱や壁で、耐久性のある家を実現しています。

※寒冷地にお住まいの方へ

タマホームの商品ラインナップは、日本全国の気候条件に応じた断熱材や省エネ性を分ける「省エネ地域区分」に対応しております。寒冷地にお住まいの方はこちらからお住まいの地域区分をご確認ください。