1. TOP>
  2. オーナーの声>
  3. 施工事例のご紹介>
  4. 北海道 M様邸

北海道 M様邸(30代)
モダンで、ちょうどいい距離感の二世帯住宅。

家族構成 息子様(ご本人)、お父様、お母様、ご祖母様

結婚後のことも考え二世帯住宅に。タマホームのおかげで、互いにちょうどいい距離感が保てる素敵な家が建てられました。お気に入りは、黒と白のモノトーンな外観と、出窓のある広々としたリビング。室内は断熱性に優れ、北海道の冬でもとても暖かく、家族みんな大満足です。

玄関を独立させ、ちょうどいい距離感を実現

  • パソコンを使い、自分でいろいろシミュレーションして決めたモノトーンの外観。黒と白を基調に、見る角度によって雰囲気が異なるようアレンジしています。
  • 玄関はそれぞれ別にしましたが、中は引き戸で仕切ることで簡単に行き来できるように。お互いのプライバシーは確保しながら、緊密なコミュニケーションが保てる。そんなちょうどいい距離感を実現できました。
  • 息子様がデザインを考えられたモノトーンの外観
    息子様がデザインを考えられたモノトーンの外観
  • 息子様とお父様世帯でそれぞれ独立する玄関
    息子様とお父様世帯でそれぞれ独立する玄関

広々リビングをはじめ、冬でも暖か室内が自慢

  • 昔から親戚がたくさん集まる家だったのですが、リビングが広くなり、みんなで楽しく快適に過ごせるように。出窓にはお気に入りの北一硝子を飾っています。
  • 室内もモノトーンで統一。特に2階の和室は琉球畳を使うことで、モダンなテイストに仕上げました。
  • 以前の家は冬場寒かったのですが、室内は断熱性も高く、北海道の冬でもとても暖か。夜中トイレに起きても寒くありませんし、父親の健康状態もよくなったような気がします。
  • オール電化になったこともあり、灯油ストーブを使用していた頃よりも、光熱費がずいぶん安くなり助かっています。
  • 出窓から差し込む光で、明るいリビング
    出窓から差し込む光で、明るいリビング
  • 琉球畳を使用し、モダンに仕上げた和室
    琉球畳を使用し、モダンに仕上げた和室

キッチンやお風呂も、ゆったり仕様に

  • 開放感あふれるキッチン。吊り戸棚を洗面所に設置することで、より広々とした雰囲気に。
  • のんびりとくつろげるよう大きなお風呂へ。テレビも付けたので、これまで忙しくて我慢していた番組も、リラックスしながら楽しめるようになりました。
  • 開放感のあるキッチン。背面には造り付けの収納を設けた
    開放感のあるキッチン。背面には造り付けの収納を設けた
  • テレビも楽しめるゆったりと大きなお風呂
    テレビも楽しめるゆったりと大きなお風呂