1. TOP>
  2. CSR情報>
  3. Happy Earth-環境に配慮した商品開発

Happy Earth環境に配慮した商品開発

地球環境に対して、我々ができることは何か考え、すべての人々が安心して暮らすことができるように行っている環境保全活動の取り組みについてご紹介します。

「長期優良住宅対応」の家づくり

「長期優良住宅対応」の家づくり

2009年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。これは良質な住宅を認定し、世代を超え長期にわたって使用することで住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷低減を実現、地球環境の保全を目指すものです。タマホームの住宅は標準仕様で、国で定めた長期優良住宅の厳しい認定条件に適合しています。4項目 【耐震性】・【省エネルギー性】・【劣化対策】・【維持管理・更新の容易性】で最高等級を確保しており、地球環境保全とともにお客様の住まいの資産価値を守る住宅を提供しています。

特に【省エネルギー性】においては、平成28年省エネルギー基準の「断熱等性能等級4(最高等級)」をクリアしています。1年を通じて心地よい住環境を実現するとともに、居住時に発生するエネルギー消費量の抑制を通じ、結果としてCO2を削減できる環境に優しい家づくりを実現しています。
これらの取り組みの結果として、建物外皮とエネルギー設備機器を一体として捉え、トータルとして省エネルギー性の優れた住宅を表彰する制度、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」において『大安心の家 エリアシリーズ(省エネ地域区分:1・2・5・6地域)』が優秀賞、継続受賞している企業に贈られる賞(優秀企業賞)を受賞しました。
タマホームの住宅は日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献していることが評価されました。

詳しくはこちらをご参照ください ▶

評価・受賞

環境に配慮した新サービス「ワンエネ」

環境に配慮した新サービス「ワンエネ」

太陽光発電システムや蓄電システムは住まいの消費エネルギーを削減することで環境保全につながりますが、高額な商品です。本サービスは初期費用を抑え、蓄電システムを後から設置できるような選択の幅を持たせることで、お客様のライフスタイルの変化に寄り添い、災害・停電時の安心・安全性と経済性の両立を可能にしました。また、FIT期間終了後の売電中心から自給自足中心への利用方法のシフトも容易になり、お客様のご要望に柔軟に対応できるサービスとなっています。今後も、一人でも多くのお客様に再生可能エネルギーをより気軽に、より身近に感じてもらえるようなサービスを提供し、地球環境保全および循環型社会の形成に貢献していきます。

ZEH対応商品 「大安心の家 ZERO」

ZEH対応商品 「大安心の家 ZERO」

地球環境に配慮し、電力供給不足に対応するために低炭素・循環型社会への転換が求められています。一方で、住宅・建築物のエネルギー消費は増加傾向で、国内のエネルギー消費の30%を占めています。そうした中2015年12月、政府より「2020年までに新設する住宅の過半数をZEH(※)とする」という政策目標が発表されました。当社においても、2020年度までに年間販売棟数の50%以上をZEHとする段階的な目標を掲げ、普及に対して積極的に取り組んでいます。タマホームでは住宅の高断熱化・高効率設備の搭載・太陽光発電システムの搭載により、年間の一次エネルギー消費量の収支をおおむねゼロとすることで環境と家計に配慮した住宅を提案しています。また住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの自然エネルギーを利用することでCO2の削減や、温暖化防止などを通して地球環境に貢献しています。

※ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、高効率な設備システムの導入と、再生可能エネルギー(太陽光発電など)により年間の一次エネルギーをゼロにすることを目指した住宅のことです。