1. TOP>
  2. 企業・IR情報>
  3. IR情報>
  4. 経営方針>
  5. 社長メッセージ

経営方針

社長メッセージ

 株主の皆様には、日頃より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 1998年の設立以来、在来工法による低価格住宅を強みとして新築注文住宅市場に後発参入した当社は、「低価格良質住宅市場」の形成に注力してきました。初めは「安かろう、悪かろう」という誤解との闘いでした。しかしながら、市場ニーズを捉え、お客様の期待に応える「良質」で「低価格」な商品を提供してきたことで、お客様からの信頼をいただくことができました。2019年5月期には、設立以来の累計引渡棟数が12万棟を超えました。これもひとえにステークホルダーの皆様のご支援の賜物と存じます。

 こうした中、当期(2019年5月期)の業績につきましては、主力の「注文住宅事業」「戸建分譲事業」とも受注が好調に推移し、引渡棟数が3期連続で増加したこと等から、売上高・営業利益とも過去最高となりました。お陰様で、各都道府県の地域ニーズに合わせた「地域限定商品」について、前期(2018年5月期)より引き続きお客様からの支持をいただけたことが大きな要因です。

 また、来期(2020年5月期)につきましては、中期経営計画「タマステップ2021」の2年目がスタートします。同計画の基本方針として掲げた「注文住宅着工棟数№1を目指し、事業改革にて新たな事業の柱を構築する」をより一層着実に進め、年度計画の達成に向け、事業の拡大に取り組んでいきます。


 当社グループは、注文住宅事業に経営資源を集中させ、原点に立ち返った経営を推し進めています。経営基盤を整えつつ、持続的な成長に向けて新たな事業の柱の創出に取り組んでいきます。

 今後も、企業価値の向上を実現すべく、鋭意取り組んでまいりますので、株主の皆様におかれましては、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。